森で大雪

森に暮らして
2024/2/5 14:20 管理公社の除雪車が来てくれました。ただ駐車場の雪は自力で!

以前にこのブログで「森で大雨」という記事を投稿いたしました(←クリックすると記事に飛びます)。
このたび、先日の2月5,6日の久しぶりの大雪で、「あれ?大雪をブログに書いていなかったっけ? なんか以前書いたような気もするが」と思い、またまた今では70本ある記事の一覧を調べてみました。
これは何度も読者の皆様にお約束した、当林住ネットの記事再構成のお約束を果たせないための、無駄な作業でした。
自分の書いた記事を探すのさえ、いちいちこんなアホなことをせざるを得ない、使いにくい(使えぬ)サイトなのです、とほほ。申し訳ありません m(_ _)m。

さて、やはり大雪の記事はところどころで書いてはいましたが、まとまったものはなかったです。
おー、そうかそれなら、新たな記事投稿のネタになるぞ!と寒い1階を避けて暖かい2階の小部屋に逃げ込んで慣れぬキーボードを打ち始めたのです。

このキーボードは先月ご近所の先輩から譲り受けた2階でのお仕事用のLenovoのWindowsマシンに付いていたもので、キーの間隔は広く打ちやすいのですが、バックスペースキーが細くちっちゃいのです。
私はしょっちゅう打ち間違いをしては前に戻って消すので、小さいととても使いにくい。
Deleteキーまで変なとこにあって、もーイライラします。

キー同士の間隔は広くて良いのですが、Back spaceキーがちっちゃい。
おまけとしか思えない。
Enterもやけに細い。Lenovoは何を考えとるんだろう。


でも、テーマができたので頑張ります。

しかし、やはりどうしても打ちにくい。
そこで以前Amazonでぽちった格安キーボードをつなげてみることにしました。
最近のパソコンの周辺機器(マウスやキーボードなど)は複数の本体(CPU)に接続出来るように、接続先選択ボタンが付いています。
ただ今回はその逆で、1つのPCに2つのキーボードをつなげようとしたのです。
もちろんケーブルはないのでBluetoothの無線接続です。
うまくつながればどちらのキーボードでも打てるのです。

しかし、一筋縄ではいかなかった。
ひさしぶりにWindowsの設定画面を開きました。懐かしい。
勝手にペアリングしてくれると思っていましたが、そうはいかのきんた⚪︎でした。
やはり地道に、キーボードのモデル番号TK-FBM111を調べて、ELECOMのホームページから、ペアリング方法を見つけました。
やはり、2つのキーを同時に押すとのこと。そうなんだね。やっとわかりました。
これに数時間潰して、ようやくスイスイ、バックスペースキーを押して気軽に再入力できるようになり、実に爽快です。精神衛生上極めてよろしい(ただ、かな漢字変換の確定キーの動きがMacと違うのでこれはちょっと困る)。

いかがでしょうか、この王道のEnter,BackSpace,Deleteキー
流石のELECOM、だてに安いだけじゃありません。
ストロークも長く、打っていて気持ちいいです。


ここまで余計な前置きが長く申し訳ありませんでした。
さあ、これで「森で大雪」の原稿を書けます。

森で大雪は

森の天候記録より

大雪はいつ、何回ぐらいあったのか?
「森で大雨」を書いた時のように、清里の森管理公社のHPの「天候記録」から探してみようと思いました。
この記録はなにかと重宝します。森の住人でなくともどなたでも見ることができます。
 (💁→清里の森管理公社・天候情報 )
ここの天気と気温(最高・最低)がわかります。
「森で大雨」のときは、雨量はここには載っていなかったので残念でしたが、降雪量は載っているのです、スゴイでしょ。
2024年2月5日は雪は9時半ごろから降り始め、深夜まで降り、降雪20cm、翌6日朝方まで降って15cm、つまり35cmの積雪になったのです。今季1番の雪でした。

2024/2/6 8:39 昨日道路には2回も除雪車が来てくれたのですが、また積もっています。


1月はちょろちょろと降っただけで、HPの記録では、
3日5cm、
7日0.5cm、
13日2cm、
20日5cmでした。
2023年12月は雪の日はなし。変な年ですね。
2023年11月は18日と28日に雪がちらつきましたが、降雪量としてはともに0cmでした。

その前のシーズンということで、
2023年の
1月は
10日3cm、
24日5cm、
27日3cm。
2月は
10日30cm
20日2cm。
3月は
2日0.5cm、
18日0.5cmです。
HPの詳細データはここまでで、2022年以前は日別のデータはなく月ごとの平均気温だけとなり、降雪量も載っていません。
ということで、2023年2月10日が30cmの大雪ということがわかりました。
下の画像がちょうど1年前の大雪のわが山小屋です。

1年前の2023/2/10 17:06
まだ降っていました。 今年と雪の量はほぼ同じですね。やはり南岸低気圧のせいか?


さて、残念ですが、管理公社のデータはここまでで、あとはやはり気象庁にお助けいただくしかありません。

気象庁の統計より

気象庁のHPから今回のように我が北杜市に大雪警報が出た日を調べました。

このデータの出所はCPS-IIP (agora.ex.nii.ac.jp)  National Institute of Informatics
私にはよくわからない機関ですが気象庁の発表する警報などをデータベースにまとめたもののようです。

上の表は甲府気象台が北杜市に発令した大雪警報です。
警報・注意報は気象台から市町村単位で発令されます。
一番上が今年の2月5日の大雪警報です。16:05に出て、23:02に解除されています。
最近の約10年間では北杜市には9回出ています。
では実際、どれだけ降ったのか?

まさかのお粗末さまでした

なんと頼みの綱の気象庁様がまさかの記録なし!
ホームページから統計資料を探したのですが、アメダスのある大泉の観測所データでは降雪量の記録がない!!
おかしい。いろいろ探し回ってみましたが、わかったのは山梨県では積雪量の記録があるのは甲府と河口湖だけ!
なぜか。ひど〜い! お上のやることに文句は言いたくはないですが、山梨県の北海道と言われている北杜市で積雪量の観測をしていないって、なんか意識低くないですか?
過去のデータを調べて今後の防災計画建てるんじゃないですか?

どうも積雪量の計測は、観測所の平場に支柱を建ててその上から下にレーザー光を発射して、雪面に反射して戻ってくる時間を計測して調べるそうです。
時間ごとに計測した雪の深さの増加量で時間当たりの降雪量は計算するとか。
どうもこの降雪計のある観測所が、山梨では甲府気象台と河口湖観測所だけのようです。とほほです。
もしや、と思ってご近所、野辺山アメダスなら雪を測っているだろう、と調べてみましたが、残念。
長野県でもダメだったので、山梨だけが貧困なのではなかったようです。
これも日本の国力の現れでしょうか。

というわけで、参考になる積雪量の記録はありませんでした。 m(_ _)m

我が日記より

たびたびこのサイトに登場するスマホアプリの「瞬間日記」、もう10年以上続いています。
これで「大雪」で検索すると大昔の赤倉にスキーに行って大雪に降られ、車がスタックして帰れず大変な目にあったことなどが出てきますが、森に来てからは、ヒットしたのは、2023/2/10、2022/3/22、2022/2/10、2020/3/29だけでした。
それぞれ20cm〜30cm弱の積雪(だいたいの目測)。
警報の出ていた2020/1/27はまだ森に来たばかりで、コロナも日本ではまだまだ。武漢が1月23日に封鎖になったばかりなので、私は二地域居住でかなり東京にも居て、北杜市が大雪警報でも関心なかったのかなあ。日記には大雪のことは書いていないです。

記録的な大雪は10年前の2014年

森にくる以前の大雪の状況は調べる方法が分かりませんが、ただあの10年前の大雪だけは、森に長くいる人なら誰でも知っています。
「あの時は三日ほど家から出られなかった」と行っておられます。
母の通うデイサービスのベテラン利用者の方も、「あの時はあなたの背の高さほど降ったのよ」と母に話してくれたそうです。何十年に一度の大雪だったそう。
それがこちら。

大雪の状況を1面で伝える山梨日日新聞(2014/2/16)
こうしてみると新聞で報じる積雪量の数字は、正確な観測データの取れる、甲府と河口湖だけなのですね。
北杜市ではどうだったのでしょうね。甲府プラス40〜50cmぐらいでしょうか?

上の画像は2014/2/14の観測史上最大の積雪となった様子を伝える山梨日日新聞です(当サイトの記事「初めての森の冬」より)。山梨県では5名の死者が出ています。「平成26年豪雪」と言われています。
この年は上の大雪警報の資料のように2014年の2月8日と14日に大雪警報が出ています。

では結論は

特に結論はありませんが、あえて言うと、
森では年に1回は大雪が降りそうですね、30cm級が。
なぜかいつも2月上旬、南岸低気圧でしょうか。
それ以外は15cm〜20cmは2、3回かな。
数十年に1度、150cmほど降るかも、あくまでも想像ですが。
林住管理人としては、雪に閉じ込められても数日は持ちこたえられるように食料(パックごはん、即席味噌汁、グラノーラ、オートミール、豆乳パック、レトルトカレー、サケ缶にビール)の備蓄に水のペットボトルの常備。電気が切れても、灯油と薪、カセットガス、電池は用意しております(一部は今後の予定)。断水でいざとなったら沢の水を汲んできます。

コメント