清里の森・樹木図鑑

Q&A
山小屋庭園の中央には、シンボルツリーのハウチワカエデです。花が終わってしまい残念です。 

はははは、全くのど素人が、「図鑑」だなんちゃって、おお恥ずかしいです。
堂々公開しちゃいましたけど。

樹はむずかしけど楽しい

我が山小屋は林の中

清里の森・山小屋の周りは雑木林です。林住期ですからね。
北杜市はカラマツ、ミズナラが多いと言われています(と思った)。

我が山小屋も、来た当初はミズナラの巨木に囲まれていました。
庭の目の前の広い林は、カラマツとアカマツでした。
このあたりは落葉樹ばかりなので、冬に緑になっているのは赤松ぐらいです。
カラマツは針葉樹で唯一の落葉樹なのです。

 小屋の庭には白樺もありますが、林の中で日光を求めて、皆空に向かって伸び上がっています。非常に背い高のっぽです。牧場に見られるようにこんもりと枝を広げてはいません。20m近くまで背伸びして頂上にチラチラっと葉を茂らせ、風に揺れています。

 さて林住3年目を迎えて、大規模修繕も終わり余裕が出てくると、雑木林の木が気になってきました。「何の木だろう?」
何せ、桜と杉、松、イチョウ、白樺ぐらいしか知らない私です。ミズナラさえ、ここに来て、伐木作業をお願いして初めて知ったという有様です。

一応、1年目に、鳥と木のハンドブック図鑑は買ってありました。時々、それを眺めてはいました。
そして殊勝にも、我が庭の木々を(だいたい全部)調査してメモに書いていました。自分で勝手に「全木調査」と称していました。ただおおよその位置(場所)をメモしただけですが。林住1年5月(2020)でした。

全木調査、本格始動

2年目には全木調査の図から簡単なものから調べ始めました。
誰でもがわかるような特徴の樹は図鑑から調べやすいです。
最初は「ひと目で見分ける340種 日本の樹木ポケット図鑑」(増村征夫・新潮文庫)で調べ始めました。
これは花の色や果実、葉の形、木肌などから調べていくことができます。
頁をめくっていって一発で分かったのは、木肌がものすごくゴワゴワ、樹皮が鱗状で剥がれるヤエガワカンバです。
そして、秋に赤い小さな実をいっぱいつけたアオハダもわかりました。
そして森で一番早く紅葉するツタがツタウルシでした。
あとはあまり花が咲いた状態を見た記憶がないのでなかなか特定できません。忙しかったからですね。

そこで「葉で見わける樹木(林将之著・小学館)で葉っぱ調べです。
百日紅(サルスベリ)のようなツルッとした剥がれた木肌で房のように小さい白い花を下げているのはリョウブ
丸っぽい割と大きな葉で葉先がフォークのように割れているのはダンコウバイ
変わった特徴の木はすぐわかるので嬉しい。
この本では、葉の写真以外も木肌や果実の写真も豊富で、高いだけのことはあります(税抜1940円)。

そしてわかりやすい(と、最初は思った)モミジに手をつけました。ここ(「森」)はもみじが多く、紅葉の時期はそれは見事です。
 特徴的な大きな天狗の団扇のような葉をもつ、我が庭正面のモミジです。これはしかも春一番に綺麗な赤い可愛いい花をつけて喜ばせてくれました。
これは間違いなくハウチワカエデです。もみじで一番大きな葉っぱだそうです。
しかし、その先が進みません。紅葉では有名なイロハモミジが我が庭にあるのかどうか、がはっきりしません。
2年目はここまでしか進めませんでした。

3年目の本気

さて、いよいよ3年目です。
晴れた日は庭に出て、上を見上げます。我が庭の高い木は最高が赤松で20mはありそうです。隣のミズナラと白樺で高さを競っています。2020年に切った、ほぼ同じ高さのミズナラは、年輪を数えたらほぼ70本あって、私とおない歳だ、とちょっと何とも言えない気持ちになりました(合掌)。
 それ以外の木もほぼ同程度で15m〜20m級の高さで葉はみなてっぺんに付いているため、肉眼でははっきり見えません。手の届く範囲に枝や葉が無いのです。落ちている葉で調べるしかありません。

調査では図鑑で候補が絞られたら、それをネットで調べます。
こうして本を読んでいくうちに、ちょっとずつ関連知識も増えてきます。
本気度が上がります。
葉っぱを中心に調べていくうちに、葉の鋸歯(キョシ)の有無が識別に重要だとわかりました。鋸歯とは葉の縁(ふち)にあるノコギリの刃(歯)のようなギザギザのことです。広葉樹のほとんどはこの鋸歯があるかないかに2分されます。鋸歯の無いものは全縁(ゼンエン)と呼ばれます。

バラ科アズキナシの葉と花。葉の鋸歯(ギザギザ)がはっきり分かります。高い木から落ちた葉を拾って調べています。(2022/5/28)


もう一つ分類のカテゴリーとして、葉の付き方です。枝に葉が左右交互に付いているのを互生(ごせい)といい、葉が左右対になって付いていれば対生(たいせい)と言います。これも広葉樹を2分しますが、互生の方がかなり多いです。

 木の名前が推測できればそれからGoogle検索して、その木の多くの写真も見られるので、図鑑では確認できなかった木肌や花や実が庭のものと一致するかどうかで大体わかります。
木の様々な写真が豊富なのが「庭木図鑑 植木ペディア」(www.uekipedia.jp)です。
「庭木」とタイトルにありますが、山野の樹木も豊富に掲載されています。私はこのサイトが一番のお気に入りです。

 こうしている内に、小屋の庭は高木(こうぼく)ばかりで、上の方が全く見えませんので
ついに、 12倍単眼鏡を購入しました。

《 Can×nさんの非道 》

 ホントは、前からCanonの単眼鏡カメラ、Powerなんちゃら(望遠鏡で見ていて写真も撮れる)が欲しかったので、どうしようかと迷ったのですが、4万以上するので、もしダメだったら馬鹿らしいし、百均とは違うし、と思って貧乏人根性が出てしまい、結局お安いものにしちゃいました。

 おっと、後日、アレはCanonのサイトではなく、Amazonでも売っていました。
ナント、や、安い、、、しかしよく見ると、なに、充電アダプター別売! 12000円!なにこれ、商売の常識やぶりですね、Ca××nさん。普通は充電器、付属品でしょう。

 しかしAmazonのレビュアーたちってすごいっす! チョー好感度高い。辛口いいです。「役に立った」ボタン押しまくりましたね。この時はサクラは出て来ません。
えーっ、三脚穴無いの? 固定できないじゃない、 12倍でも揺れるので三脚に固定して見たいぞ。
なになに、光学ズームは3倍程度? 400mm望遠ってその程度だったっけ?(公式サイトでは4倍とありました)
画素数は、iPhoneと同程度、デジカメとしては少ない方です。ですのでデジタルズームだと、結構荒くなりそうです。

つい、こちらが仕様や商品説明をよく読まずにいて見落としていた点を指摘してくれます。
これが、購入して初めて気づいたのでしたら後悔したかもしれないのです。
公式サイトの、これもできます、あれもできます、こんなに良い点がたくさんあります、ばかり見て買ってはいけないのです。消費者はもっと賢くなりましょう。
ふー、買わなくて良かった。

 購入したお安めの単眼鏡はそれなりにいいです。上空の葉っぱや花がはっきり見えます。もうしばらく使って、良かったら広告にアップします。
それにはスマホにくっ付けて撮影できるアダプターも付いているので、これから使ってみようと思います。上手く出来れば、アップの画像も掲載するつもりです。

ついに公開、徐々に追加

<お詫び>
現在、筆者のiCloudストレージが満杯で、iPhoneで撮った写真がiCloudに保存できず、編集がチョー不便なので、サイトへの画像掲載が遅れています。
Apple はしきりに、毎月400円へのアップグレードを薦めて来ますが断固拒否しています。

少しずつ掲載して参る所存ですので何卒ご了承願います。

<追記 2022/6/8>
ついに、iCloud空き容量5GB確保に成功、これでやっと写真が保存できて、iPhoneとiPad、Macとで共有でき、編集や、ブログへのアップロードもスムーズに出来る様になります。
毎月400円(200GB)のサブスクを支払わずに済みます(今は50GBで130円/月は払っていますが)。

図鑑No1 ハウチワカエデ

天狗の羽団扇のように大きな葉で、カエデ類の中でも最大の葉っぱです。9〜11裂に浅く切れ目が入ります。高さは12mほど、株立ち(根元から数本に分かれて伸びていること)しています。
花が見事です。まだ森全体が茶色に包まれている4月下旬、葉より先に花の蕾が赤く色づき膨らんできます。いい写真が無くて申し訳ありません。来年はしっかり撮ります。

まだ周りが冬の茶色の中で、真っ先に白と赤の芽を膨らませます。(2021/4/28)
赤い花が咲き始めました。ようやく大きな葉も展開し始めて来ました。(2021/5/13)
もう花のあとに果実(翼果)が大きくなっています。ピントがずれていました。(2022/5/18)
翼果のアップはこちらです。他のモミジと比べて赤みが強いです。 (2022/5/18)

図鑑No2 ヤマツツジ

清里の森で数少ない赤い花です(白い花が多いです)。
一面の新緑は見事なのですが、その中でちょっぴり赤が混じるととても素敵です。
赤も朱色、オレンジぽい赤など微妙に違います。たくさんの花が付いているとレンゲツツジと間違えてしまいますが、よく見ると、1本の枝先に付く花は2、3つだけです。また葉はやはり枝先に5枚が星形に付き、1枚ではふっくらした卵型である点でわかります。
我が庭でもウッドデッキ前に1本、駐車場入口に1本あるだけの貴重な赤い花です。

もうピークは過ぎてしまいましたが、元気に咲いてくれました。樹高2m(2022/6/4)

図鑑No3 キレンゲツツジ

これは清里の森では見られない黄色のレンゲツツジなので、キレンゲツツジ。樹高2.5m。普通のレンゲツツジの花はオレンジ色です。
我が山小屋より200mほど低い、丘の公園アクアリゾート天女の湯の駐車場横に咲いていました。(2022/6/2)
一本の枝先に花が5、6個もついていますよね。これがお釈迦様の蓮華のようだとか。レンゲツツジには葉から根に至るまで全てに強い毒があって、馬や牛は食べないそうです。良い子は食べないでね(2022/6/9)

図鑑No4 ヤエガワカンバ

我が山小屋庭園に勝手に生えている絶滅危惧種です。しかも3本も。
そんなに貴重なお方とはつゆ知らず、しかし、別にぞんざいに扱った訳でもありませんのでご安心ください。まあ樹皮がゴワゴワで無骨、図鑑には、「鱗片状に幾重にもはがれ落ちる」、「北海道〜本州中部以北の山地に分布」とあります(「ひと目で見分ける340種 日本の樹木ポケット図鑑」増村征夫 新潮文庫)。
なお、この木は、私の愛用の「葉で見わける樹木」(林将之 *下欄の広告参照下さい)には載っていません。471種とこちらの方が多いのになぜでしょうか、関西には生えていないから?

この荒々しい木肌を見てください。絶滅危惧種です。ヤエガワカンバ (2022/6/5)
この2本、共に樹高20m以上です。 (2022/6/5)
絶滅危惧種?

図鑑には載っていないため、ネットで調べた時に見つけたので、ホントなのか?と思って調べました。
ジャーン! 環境省・生物多様性センターのホームページに掲載されていました。
お堅い役所が、無理して柔らかいネーミングつけたサイトです。その名も「いきものログ」。うーん。
クリックしてもその先、どうするのか、よくわからないサイトでしたが、そこのページの抜粋を載せさせていただきました。

いやいや、ヤエガワカンバ、八ヶ岳周辺にしか見られない大変希少な樹木でした。びっくりです。

<広告>
お勧めの図鑑です。Amazonで購入はこちら→「葉で見わける樹木


コメント